メタボ検診が義務化

メタボ検診(メタボリック症候群検診)は、2008年4月から施行される新しい特定検診制度です。メタボ検診は、メタボリック症候群を判定するために行われる検診になります。
メタボ検診を一言でいうならば、「生活習慣病の予備軍であるメタボリック症候群を予防・改善するため、被扶養者を含む40〜74歳の医療保険加入者全員を対象に行う検診と保健指導」ということになります。
従来の健康診断と違う点は、(1)医療保険者全員にその実施が義務化 (2)対象範囲も被扶養者にまで拡大されたことです。つまり、40歳から74歳の国民すべてがこのメタボ検診を受けることが義務づけされることになります。

メタボ検診の基準

特定保健指導の対象となる判定基準は、お腹周りをメジャーで測って男性は85センチ、女性は90センチ以上で内臓脂肪型肥満とされます。
そのほかの項目としては、
・空腹時の血糖値 100mg/dl以上
・中性脂肪 150ml/dl以上
・血圧最大値130以上
・血圧最小値85以上
などの項目に、喫煙しているかどうかでメタボリック症候群になっているかどうかを判定します。
メタボ検診でメタボリックシンドロームであると判断された場合は、医師や保健師、管理栄養士が保健指導者として本人に合った対策を提供します。食事のメニューや運動の目標、保健指導者の在籍するスポーツジムを紹介するなどして、生活習慣や体質の改善を促すようになっています。

メタボの罰則

メタボの罰金や罰則は特定健診や保健指導を受けなくても直接本人には税金として課税は無く、実施する責任と義務を負う組合健保や共済組合、国民健康保険などを運営する市区町村や企業の医療保険者を対象に国から財務的なペナルティが課されられることになります。
ペナルティーの導入は5年後で健診の受診率や保健指導の実施率が上がらなく改善の向上がみられない医療保険者に後期高齢者医療制度の支援金が10%の範囲で国から増減させられるようになります。
また、メタボ検診の罰金制度は、企業の金銭的負担も大きくなるので、肥満の人や検査に引っかかりそうな人は企業が採用しない、とか、昇給や昇進にも影響が出る可能性があるということで、いろいろな問題が考えられるようです。

メタボ検診の義務化と罰則